眼鏡の選び方で印象は変わる!?眼鏡美人になるためにできること

MENU

眼鏡の悩みとそれを解決する方法!

 

目が悪い女性の多くは、眼鏡をかけることに対してコンプレックスを抱いています。
常にコンタクトレンズを付けていればいい話ではありますが、目の状態や体調によってはコンタクトを使用することができない時もありますし、無理に四六時中コンタクトを使用すると眼に傷がついてしまうこともあります。

 

そこで、今じわじわと注目を集めているのがコンタクト女子が眼鏡女子として生まれ変わることです。

 

眼鏡をかけて微笑む女子

 

眼鏡をかけると地味な印象に…」「目が小さく見えてしまう」などと悪いイメージを持っている方も多いですが、眼鏡のチョイスや服装・髪型との組み合わせ次第では、誰でも眼鏡美人に変身できます。

 

仕事や遊び、デートで眼鏡を使用する選択肢が加わると、生活やコスト面でも楽になりますし、常にコンタクトをつけているよりも自分の魅力を出すことも可能になります。

 

 

眼鏡やコンタクトをつけている人の割合

 

眼鏡やコンタクトメーカーをはじめ、様々な民間調査機関が眼鏡・コンタクトレンズを使用している方と裸眼の方の調査結果を公表しています。
様々な調査結果をリサーチしたところ、おおよそ6~7割が眼鏡・コンタクト、3~4割が裸眼ということが分かりました。

 

眼鏡と裸眼の割合

 

全体的には男性よりも女性の方が眼鏡・コンタクトの割合が高いデータが出ていますが、医学的には男女で視力に差は出ないという見解があります。
年齢別にみると、20代の方が30代、40代、50代よりも眼鏡・コンタクト率が高いです。

 

若者の方が現在のスマホ依存や子供のころにテレビゲームをする機会が多かったため、目が悪い人が増えていると考えられています。

 

どちらにしても、眼鏡やコンタクトは2人に1人以上の割合で使用しているものです。
目が悪くなることは生活習慣病の一種でもあるので、うまく付き合っていくことが大切です。

 

 

眼鏡の悩み

 

眼鏡を使用する悩みは次のことがあります。

・見た目が悪い
・曇る
・レンズに傷が付くと余計視力が悪くなる
・割れたり紛失するときの費用的負担が大きい
・良い眼鏡は購入費用が高い
・雨など、水滴が付いて視力悪化する

 

日常生活の中で眼鏡あるあるはほかにもたくさんあります。
男性の場合は眼鏡に対して実用面の悩みを強く抱くことが多いですが、女性の場合は見た目の悪さを懸念する意見が圧倒的に多いです。

 

しかし、眼鏡はメイクや服装、髪型、フレームなどで工夫すると見栄えの悪さをカバーできるだけではなく、コンタクトよりも魅力を出せることもあります。

 

逆に、目が小さい事がコンプレックスで、あえて眼鏡をかけているという方もいるようです。
最近では目の小ささや細さに悩んでいる方が思い切ってプチ整形をする人も多いです。

プチ整形二重について

 

 

眼鏡が見た目に与える影響

 

・地味で暗い性格に見られる
・鈍くさく見られる
・眼鏡をうまくコーディネートできないとファッションセンスそのものが無いように見られる
・目が小さく見える
・目の力強さが失われる

 

 

視力の悪化は勉強や読書をしすぎる人がなりやすい傾向から来る真面目なイメージや、レンズを外からみると目が小さく見えてしまう構造的問題のものがあります。

 

ただ、眼鏡をかけた時の見た目で悩む方の多くは、服や髪型、フレームとのコーディネートに問題があります。
眼鏡が似合うように改善すれば、見た目に対してのコンプレックスはきっと解消できるでしょう。

 

特に眼鏡使用時に適したメイク方法さえ覚えれば、どんな時でも眼鏡が似合うように改善されます。理想は眼鏡を意識した服や、違うフレームのものを何種類も揃えることが理想ですが、お金もかかるし、ファッションに制限ができるのはストレスになります。

 

メイクのテクニックを身につければ、どんな時でも眼鏡をかけた見栄えを悪さを改善できるだけではなく、コンタクト使用時にも応用できることがあるので女性として覚えておいて損はありません。

 

眼鏡美人に見えるメイク術

 

 

ギャップを出すことも効果的

 

眼鏡とコンタクト

 

普段コンタクトを使用している人は、いきなり毎日眼鏡を使用する必要はありません。
まずは、たまにでもいいので眼鏡をかける日を作っていきましょう。

 

眼鏡をかけるとコンタクトとは違った魅力が出て、良い意味でのギャップを出すこともできます。
コンタクトも眼鏡も両方似合うと周囲から思われると、その人の外観そのものがオシャレで顔が綺麗といった印象を持たれることに繋がります。
眼鏡を使用する選択肢が加われば、朝寝坊した日や花粉症の時期にも重宝するでしょう。

 

たまに眼鏡をかける習慣をつければ、眼球が休まる日もできるので健康上のメリットが発生します。