自分の個性を活かして一番似合う眼鏡を選ぶことが大切です。

MENU

眼鏡の選び方

 

美人に見える眼鏡は、細いフレームやセルフフレーム、あえての黒フチ眼鏡など様々なものがあります。
美人に見せるには、自分に似合った眼鏡を選ぶことが大切です。
また、眼鏡美人の条件はひとつではありません。目的を持ってどのような眼鏡美人になりたいかイメージしながら選ぶことが大切です。

 

 

眼鏡美人の条件

 

かしこそうに見える眼鏡

細いメタルフレーム系のスクエア型など

 

眼鏡を外したら、さらに美人に見えるような印象を与える

キリっとした顔に対して、あえて黒ふちなど鈍臭い感じの眼鏡を合わせる

 

オシャレな印象を与える

赤いフレームなど、フレームがオシャンティ

 

大人っぽさを演出する眼鏡

童顔の人が、落ちついたデザインの眼鏡を着用する

 

実年齢より若く見せる

下半分セルフフレームや、黒ふちなど

 

万人受けしやすい無難なメガネ

フチなしメガネや、オーソドックスなデザインなど

 

 

上記の条件は、どれもメガネをかける人によって効果が出ない場合があります。
自分の個性を活かして一番似合う眼鏡を選ぶことが大切です。

 

 

オシャレなメガネショップを利用する

 

眼鏡ショップイメージ

 

眼鏡美人の人の多くは、オシャレな眼鏡を多数取り揃えているお店で購入しています。
最近では大都市をはじめ、大型ショッピングモールの中など、オシャレを重視したメガネショップが増えています。
海外製最新トレンドなど、見た目にこだわったメガネフレームを多数用意していて、金額もリーズナブルなところが増えています。

 

オシャレなメガネショップは品揃えはもちろん、スタッフもセンスが良い人が多いです。
店員に相談しながら、美人に見える眼鏡探しをしてみましょう。

 

できれば、複数のメガネショップを回って、選択肢を広げるとともに、複数の人(店員など)の意見を聞いてみるとより効果的です。

 

お店に行くときは勝負服を着ていく

メガネは服装、髪型、メイクとの相性も重要です。
眼鏡を購入しに行くときは、デートに行くことを想定したような、勝負服を着て髪型やメイクもバッチリ決めていくことが大切です。

 

仕事中のスーツに似合う眼鏡を選びたい場合は仕事帰りに立ち寄るなど、試着するときのコーディネートにもこだわってみましょう。

 

 

顔型に合った眼鏡を合わせる

 

眼鏡が似合うかどうかは、肌の色やメイク、髪型などの要素もありますが、一番重要なのは顔型です。自分の顔の形状にあった眼鏡を探してみましょう。
裸眼やコンタクトの人も、顔型にあった眼鏡をつけると、小顔で賢そうに見せれるケースがあります。