細長い顔、丸顔、四角顔、三角顔、小ぶりな顔に合った眼鏡をご紹介します。

MENU

顔型に合った眼鏡選び

メガネ選びに悩む少女

 

似合う眼鏡は顔の形によって違います。
自分の顔の形状に合わた眼鏡をチョイスすることが眼鏡美人に一番大切なことです。

 

 

細長い顔に似合う眼鏡

丸みがあり、曲線があるデザインの眼鏡を使用しましょう。
上下の幅が小さい細めの眼鏡にすると、小顔効果を期待できます。
フレームは若干太めの方が似合う方が多い傾向があります。

 

 

丸顔の顔に似合う眼鏡

丸顔には、スクエア型やウェリントン型など角ばった形状のものを選びましょう。
丸い顔に四角い眼鏡を合わせることで、顔の丸みが軽減される効果を期待できます。
あえて、丸顔に丸型眼鏡を合わせる方法もおおらかな印象になって悪くないのですが、眼鏡美人を目指すならスクエア型の方がオススメです。
丸顔は一番眼鏡コーデが難しいと言われているので、慎重に検討しましょう。

 

 

四角顔に似合う眼鏡

ハーフスリムでフレームが太めのものが最適です。
エラが張っているなど四角い形状の顔の場合、理屈で言うなら丸みがある眼鏡を合わせることでバランスを整えることができます。
スクエア型など角ばった眼鏡は避けた方がよく、適度な丸みは必要です。
四角い顔だと、顔のインパクトが大きいので、丸みがあるハーフスリム眼鏡ですっきりした印象を出しましょう。
フレームを太めにすることで小顔効果が期待できます。

 

 

三角顔/アゴが出ている人に似合う眼鏡

アゴが長めなど三角っぽい人は顔のインパクトが大きいので、小ぶりでちょっと丸みがある眼鏡がオススメです。
フレームなしのリムネスがもっともオススメで、眼鏡を強調しすぎないことがポイントです。
大きくて太い眼鏡を使用するとカジュアルな感じにはなりますが、眼鏡美人とは少し遠ざかってしまいます。

 

 

小ぶりな顔はなんでも似合う

裸眼でも小顔に見られるような方は、どんな眼鏡をかけても似合いやすいです。
眼鏡が似合うと周りから言われたいのであれば、あえて大きくて太い存在感が大きい眼鏡を使用しましょう。
太いフレームにこだわるのではなく、赤系など派手なフレームの色を選ぶのも効果的です。
眼鏡が似合う芸能人は、主張するデザインの眼鏡を使用していることが多い傾向もあります。

 

 

第三者の意見を聞く

眼鏡選びで迷ったら、メガネ販売店の店員に「私の顔の形では、どういった眼鏡が似合いますか?」と直接聞いてみてもいいでしょう。
一緒に同伴してくれる友人がいるのであれば、様々な形状の眼鏡をかけてみて意見を聞くことも効果的です。