無難なコーディネートをしたい方には、ナイロンメガネ(ハーフフレーム)がおすすめです。

MENU

ファッションに合わせて選ぶ

 

ファッションは人それぞれに好みがあり、○○系の服が中心という方が多いでしょう。
眼鏡も洋服との相性が重要で、普段のファッションにあった眼鏡を選びましょう。
ファッションと眼鏡のコーディネート術をまとめました。

 

普段着イメージ

 

 

流行の丸めがねはカジュアルコーデと相性抜群

マニッシュコーデスクールコーデとよく合う眼鏡です。
流行しているので、洋服も最新のトレンドと合わせるとオシャレ感が際立ちます。

 

 

小物と色の統一感を出す

カバンや靴などの小物で好きな色があれば、メガネのフレームも同じ色にするとよいでしょう。
特に茶色や黒、赤系は小物と同色にすると相性が良いです。

 

 

ツヤあり、ツヤなしによっても変わる

めがねのフレームはメタル系プラスチック系の2種類があります。
スーツなど仕事で使う場合はメタル系の細いフレームが定番ですが、プラスチック系でも艶なしで細めのフレームにするとフォーマル感が出て大人の女性を演出します。
プラスチックのツヤありは、カジュアルな服とよく合います。

 

 

万能性を求めるなら、ナイロンメガネ(ハーフフレーム)

ナイロンメガネと呼ばれるハーフフレームメガネは今流行している型です。
真面目さとカジュアルさを兼ね備えているため、どんな服にもよく合うと評判です。
眼鏡で個性を出すのではなく、無難なコーディネートをしたい方にオススメです。
万能性あるメガネを一本持っておくと、様々な場面で役にたつでしょう。

 

 

パステルカラーの服は眼鏡を合わせづらい

明るい色の服が好きな方は、眼鏡も明るい色にすると合いますが、パステルカラーだけは別です。
同じ色で合わせられるのであればいいですが、パステルカラーの服に違う色で明るいフレームをするとバランスが崩れてしまいます。

 

パステルカラーのファッションに眼鏡を同色で合わせられないなら、ブラックかブラウンのフレームの眼鏡を使用しましょう。

 

 

目立つ眼鏡は、カラフルな色は控える

個性を出すために、目立つ形状の眼鏡を使用した場合、洋服は明るい色でもいいのですが、複数の色を合わせすぎるのはNGです。
眼鏡で強いインパクトが出た場合、ファッションはなるべく単色に近いコーディネートが理想です。

 

 

アクセサリーは付けすぎない

眼鏡は大きめのアクセサリーと同じ効果を出します。
洋服に眼鏡をかけて、そこからさらにアクセントを出そうと他のアクセサリーを出すとゴチャゴチャな印象になります。
アクセサリーを多様できるような、ファッションならいいのですが、シンプルな服に眼鏡を合わせるのであれば、アクセントの強いアクセサリーは付けない方が無難です。