マスカラでボリュームを出して、アイラインも上部を中心にしっかり描きましょう。

MENU

眼鏡美人に見えるメイク術

 

眼鏡を着用するときは目元を中心にメイク時の注意点があります。
以下の要点を抑えておきましょう。

 

・アイラインは目元を囲まない
・マスカラで長さではなくボリュームを出す
・眼鏡にあった眉毛を書く
・リップで存在感を出す
・ノーズパットの化粧崩れに気をつける

 

目元メイクのイメージ

 

 

目元メイクの注意点

 

眼鏡をかけると、つけまつ毛の使用ができません。
無理に長いまつ毛にするとレンズにあたったり、目の中に入る危険性があります。
だからといって、目元のメイクを薄くすると、眼鏡をかけることで力がさらに目力が弱くなってしまいます。

 

マスカラでボリュームを出して、アイラインも上部を中心にしっかり描くようにしましょう。
しかし、アイラインで目元全体を囲んでしまうとメガネと二重に囲む形になりアンバランスになります。
アイラインやチークは眼鏡のフレームと重ならないように注意しましょう。

 

 

眉毛の描き方

眉毛は眼鏡のフレームと並行した形にするのが理想です。
色はフレーム有りの場合は薄め、フレームなしは黒など濃い色を使いましょう。

 

自毛の眉毛を活かす場合は、もともとある眉毛の形にあったフレームの眼鏡を選ぶとよいでしょう。

 

 

リップは思い切ったメイクもアリ!

 

リップメイクのイメージ

 

眼鏡をかけると、どうしても目元のメイクだけで存在感を出すのが難しくなります。
そこで顔の中でも重要度が高く、鼻や頬に比べても目と距離が離れている口元のメイクに存在感を出すとバランスが良いです。

 

眼鏡のフレームの色や形状に対してリップは特に色やボリューム感の相性を気にする必要はありません。
コンタクトや裸眼の時に比べても、リップの色を濃くしたり、オーバーラインで口を大きく見せる描き方やグロスを使ってアクセントを付けましょう。
眼鏡との組み合わせだからこそ、思い切ったリップメイクをしても顔全体が自然にまとまります。

 

 

ノーズパットの化粧崩れ対策

 

眼鏡をかけると、ノーズパット周辺の化粧崩れが課題になります。
どれだけ眼鏡美人のメイクができていても、化粧崩れをおこすと全てが台無しになってしまいます。
ノーズパットが当たる部分だけは、ファンデーションが落ちないように以下の方法で強めに補強しましょう。

 

・皮脂吸着効果のある下地をつける
・固めのコンシーラーを塗る
・ファンデーションを指で軽くこするなど、馴染むように丁寧に塗りこむ
・微量のフェイスパウダーで仕上げをする
・ファンデーションは薄めに塗る

 

ノーズパットのほかにも、フレームが肌に当たる部分は同様の方法で化粧崩れ対策を取っておくようにしましょう。