スマホ老眼はスマホと目の距離が近すぎるため、毛様体筋に大きな負担がかかります。

MENU

スマホ老眼とは?

スマホ老眼、という言葉を聞いた事ありませんか?老眼、と聞くと老化の始まりのような感じがしますが、「スマホ老眼」は一般的な老眼と大きく違います。
では、スマホ老眼とはどのようなものなのでしょうか?

 

若者に多いスマホ老眼

目が疲れている女性

スマホ老眼、とは文字の通りスマートフォンが原因で老眼のような症状になることです。そのためスマートフォンをよく使用する20~30代の若い人たちに多く発症しています。
具体的に言うと、スマートフォンを使用した後一時的に視界がぼやけて見える症状の事です。ちなみに一般的な老眼は目のピント機能が加齢によって衰えてしまい、近くのものが見づらくなってしまう、という症状のことを指します。

 

なぜ老眼という名前がついたか、というと、老眼同様ピント機能が一時的とはいえ利かなくなってしまう、というところからです。
スマホ老眼は、スマートフォンと目の距離が近すぎて近くを見るときに使われる筋肉である「毛様体筋」に大きな負担がかかってしまうために起こります。
スマートフォンは画面が小さいので表示される文字も小さいですし、情報量も多く、どうしても目に負担をかけてしまいがちです。

 

スマホ老眼は一時的なものですが、この状態をそのまま放置してしまうと、目の視力が落ちて近視になってしまったり、ドライアイなど目に支障が出たり、目を酷使する事で肩こりや頭痛を起こしてしまいます。
また、イライラしたり不安感がつのるなど精神的な症状を起こすこともあるので注意が必要です。

 

スマホ老眼の対策法

とはいえスマートフォンは現代人には欠かせないアイテムの1つです。そのためスマホ老眼にならない為には対策を行う事が必要です。
スマートフォンは目の近くで使用せず、30cmほど離した距離で使用するようにする、長時間使い続けずに適度に休憩を挟むようにする、意識的にまばたきを行いようにする、目薬を使ったり目を温めて目の血流を改善させたりする、など目のケアをこまめに行う、などがあります。

 

休憩をするときには遠くや近くなどをみて目を動かすようにして目の筋力のトレーニングをすることが大切です。1時間使用したらに10分ほどの休憩を挟むようにしましょう。
また、ブルーライトカットメガネを使用するようにするのもおすすめです。

 

その他にもきちんと睡眠を摂って目を休ませるようにすることや、目のダメージを軽減させるルテインを多く含んだ緑黄色野菜を意識的に摂るようにする事も大切です。
老眼は治りませんがスマホ老眼は治す事が可能です。対策をきちんと行い、目の負担を減らすように心掛けましょう。